こんな男は嫌われる!

こんな男は嫌われる!~身だしなみ編~

デリヘル嬢から嫌われてしまう、典型的な男性像というものがあります。

ここでは、身だしなみについてお話をしましょう。

まず、風俗へ遊びに行く時には普段、どのような格好をしていますか?
仕事中ちょっと息抜きに行く時はスーツ。

あるいは、オフの日ならは普段着で行くことが多いでしょう。

服装のセンスは人それぞれなので、「センスが悪いから」と女の子に嫌われることはありません。

しかし、手の爪が伸びていたり、体臭が臭ったりすると、女の子からは間違いなく嫌がれれます。

爪の間に垢が溜まっていたりすると、その場で切るように言われてしまうかもしれません。

また、体臭が辛いときはいつもより長くシャワータイムを取られてしまうでしょう。

本人に面と向かって指摘することはないでしょうが、いつもと雰囲気が違うなと思うときは、もしかしたらあなたの身だしなみに問題があるのかもしれません。

もちろん、部屋に女の子を呼ぶ時は、部屋を片付けておくなどの心配りも必要です。

また、その場だけならいいのですが、不潔な身だしなみで遊びに行くと出禁になってしまう可能性もあります。

楽しく風俗遊びをするためにも、デリヘルを呼ぶ時は普段よりもちょっと身の回りに注意して、清潔感を保つようにしてください。

 

こんな男は嫌われる~会話編~

風俗へ遊びに行く人のほとんどが、女の子との次の展開を期待しているはず。

まさかその場のイチャイチャだけで終わって満足、という人はいないでしょう。

相手の女の子を口説いて付き合ったり、そういった関係を望んでいるはずです。

なので、プレイ時間が余った時はちょっとしたおしゃべりをして、相手の気をひこうとする男性は非常に多いのですが…。

ここでも、少し間違えるとデリヘル嬢の好感度を下げてしまいます。

例えば、良かれと思って「どこに住んでいるの?」「兄弟はいるの?」とプライベートに関する話題を根掘り葉掘り聞くと、相手の子は「なんだこの人…」と思ってしまいます。

プライベートに関する話題は特にデリケートな問題を抱えているケースもあるので、趣味や好きな食べ物程度に留めておいたほうがいいでしょう。

また、自分のことは一切話さずに、女の子に喋らせる男性も嫌われます。

それをするならむしろ、自分のことを話す方がマシなくらいです。

プレイの後スッキリして何もしたくない気持ちもわかるのですが、相手の好感度を上げたいのなら自分から歩み寄っていくようにしましょう。

以上が、風俗で嫌われる男性の典型的なパターンです。これらは府中風俗求人の女の子座談会でも言われていましたので、十分注意してくださいね。

あなたも身に覚えがないか、チェックしてくださいね。

 

デリヘル嬢が考えてること

見ていないようで、女の子はプレイ中も実はいろんなことをチェックしています。

例えばあなたの身だしなみ。

清潔感があるかどうかだとか、紳士的かどうかなど、細かい部分から実にさまざまなことを考えているのです。

見られていないと思っても見られていることもあるので、意外と気が抜けません。

あなたがまた指名したいと思っても、女の子からNGを出されてしまうことがあります。

そういったときはほとんどの場合でブラックリスト入りされてしまっているので、そのお店ではほかの子を呼ぶのも無理でしょう。

また、デリヘル店同士でブラックリストを共有していることもあるので、狭い地域だと風俗店を利用することがそもそも難しくなってしまいます。

では、ブラックリスト入りする人物とはどのような人なのでしょうか?
多少、女の子の機嫌を損ねてしまったからと言って、相手もプロなのですぐにブラックリスト入りすることはありません。

しかし、しつこかったり自己中な言動が目立ったり、衛生面で女の子に悪影響だと判断された場合には、ブラック入りさせられてしまうのです。

どうせ風俗で遊ぶなら、気分よく利用したいですよね。

女の子が何を考えているかエスパーじゃない限りわからないと思いますが、デリヘルは人対人のサービスだと意識して利用するようにしましょう。

 

プレイ中は恋人

「プレイ中は恋人」とは、よくデリヘルの世界で言われることです。

初めて風俗業界で働こうとする女の子も、お店の人から「プレイ中は恋人のつもりで、お客さんにサービスしてね」と指導されています。

けれど、「プレイ中は恋人だから」と言う言葉の裏には、実にさまざまな意図が隠されています。

例えば、恋人に乱暴を働く男性は少ないでしょう。

大好きな人だからこそ、相手のことを考えて行動するはずです。

乱暴なプレイをしたり、酷いことをしたりしては、彼女から嫌われてしまいます。

まず最初に言えることは、「プレイ中は私のことを恋人だと思って、大切に扱ってね」ということです。

その他にも、「プレイ中は恋人のつもりで接するけれど、時間外は恋人ではない」という遠回しの断り文句も含まれています。

プレイ時間以外でも連絡を取りたいとしつこくいいよったり、執拗に連絡先を聞いてきたり。

そういったお客さんは、デリヘルに限らず女性から嫌われます。

必死で口説きたいのが見え見えになるほど、女の子との心の距離は遠ざかってしまうのでご注意を。

「プレイ中は恋人」とは一見甘いセリフに聞こえてしまいますが、実際のところはもっと深い意味をはらんだ言葉なのです。